甲状腺専門サイト|めぐみ内科・糖尿病内科

06-6435-8560 平日9:00-13:00
(土日祝休診)

 

こだわり


甲状腺の病気と診断されると、不安ですよね?

甲状腺の病気って聞きなれないけど…?
怖い病気なの?
珍しい病気なのかしら?
ほっておくとどうなるの?
仕事は続けられる?
子供は産める?
治療法は…?

そんな不安を取り除くために・・・
当院では適切な検査と丁寧な説明を、
内分泌専門医としての経験をもとに、
現状から、今後の見通しと治療のゴールまで、じっくりとさせて頂いております。

主治医になんとなく質問しづらいな。
こんなこと聞いていいのかな。
聞こうと思ってたけど、タイミングがあわず質問せずじまいになってしまった・・・といったようなご経験はありませんか?


私は医師ですが、自身が通院した際に、担当医になかなか質問できず、帰宅後に医師なのになぜ?と、周囲に笑われたことが多々あります。
担当の先生は決して怖い先生ではありませんでした。なのに、『次の受診の時にはこれを質問しよう!』と意気込んでいても、いざ受診の際には何となく、言い出しにくかったのです。

消化不良で悶々としておりましたが、
患者様は受診の際に、なかなか質問し辛いのだな、こういう気持ちを持たれてるんだな・・・と、すごく勉強になりました。



こういった経験から、当院にきていただいている患者様には、こちらから『何か質問や疑問点はないですか?』と私の方からおうかがいするようにしております。

病気の種類にもよりますが、甲状腺の病気は、適切な治療がなされていれば、必要以上に怖がる病気ではありません。
ただ、ほっておくと、全身に病状が波紋し、取り返しのつかないことになる場合も少なからずあります。


体調に変化を感じていればもちろんですが、体調に問題がなくても、もし健康診断で、甲状腺の腫れ、甲状腺ホルモンの異常を指摘された場合は、早めの受診をおすすめ致します。

ページのトップへ戻る